何気ないデスクワーク、実はペニスによくない理由3選

デスクワークがペニスに良くない?勃起力が弱くなる?様々な悪影響とは?

メンタルトレーニング

皆さんは毎日のように机やテーブルの前に座ってパソコンをいじることが多いと思います。

 

 

仕事のデスクワークに限らず、ネットサーフィンや動画の視聴など様々な目的があるはずです。

 

 

パソコンそのものも最近の技術の進歩でいろいろできるツールと化しているので、人々のパソコンの利用回数や利用時間も飛躍的に増大しているのが現状です。

 

 

しかし、毎日の何気ないパソコンを使ったデスクワークも実はペニスに様々な悪影響を与えています。

 

 

昨今の男性はただでさえペニスの勃起力の低下や勃起不全(ED)に悩まされている人が多いというのに、日常的なデスクワークがペニスに影響を与えているとなると、なんだかいたたまれない気分にもなりそうです。

 

 

そこで、今回はデスクワークがペニスによくない理由を3つ取り上げようと思います。

 

 

理由その1―運動不足になりがち:

 

 

デスクワークがペニスによくない理由としてまず挙げられるのが、ずっと机に向かって作業する状態が続くため、下半身をほとんど動かすことがなく運動不足になりがちというものです。

 

 

デスクワークをしている人が、仕事中に動かす部位といえば上半身、それも手や指先、さらに顔くらいのものではないでしょうか。

 

 

つまり、デスクワークは下半身をはじめ身体のほとんどの部位を動かさない状態が長時間にわたって継続する状態を生みやすいのです。

 

 

そのうえ、仕事としてデスクワークをしている人間は、長時間労働になるという人も多いため、例えばトイレや食事などでオフィスのブースの外に出るということでもない限り体を動かす機会に恵まれません。

 

 

人によっては、近くの机に座っている人のところに行くにも椅子に座った状態で移動する、ということもあります。

 

 

当然ながら、このような状態が続くと運動不足にもなり、ひどい場合はそのままメタボリックシンドロームになってしまいます。

 

 

いずれも血管が傷つきやすくなり、ひどい場合は動脈硬化や血流の悪化を招いてしまいます。

 

 

そうなると、ペニスへの血液の流れも良くないものとなり、勃起力の低下や勃起不全、精力の低下につながってしまうのです。

 

 

そうならないように、デスクワークの途中でもなるべく足腰を使って移動したり、マッサージを行ったりして血流が滞らないようにすることが大切です。

 

 

理由その2―目を酷使しやすいため:

 

 

デスクワークというとほとんどすべての場合、机に座ってパソコンを使った作業を行うものをさします。

 

 

そして、パソコンに向かっている場合、作業中にパソコンから発生するブルーライトの影響を目が受けている状態が長時間続きます。

 

 

作業に集中している状態のため、体内の血液の多くが目や脳に集中するということになります。

 

 

しかも、体内の血液の全体量は、切り傷などで出血しない限りは常に一定に保たれているため、目や脳に血液が集中している一方で、下半身などその他の血液の量は減少します。

 

 

当然ながら下半身に位置しているペニス付近の血流も悪くなるため、長時間のデスクワークが常態化するとペニスの勃起に必要な血液の流れが不足します。

 

 

そして、ついには勃起力が自然と低下して勃起しにくい体になってしまうのです。

 

 

この状態を防ぐためにも、仕事中でも定期的に(たとえば1時間に1度)休憩をとって、散歩やマッサージなどを施して血流が前身にいきわたるようにすることが大切です。

 

 

理由その3―座っている状態が続く分、血管や神経が圧迫されやすい:

 

 

長時間になるケースが多いデスクワークは、当然ながらイスなどに座って作業することが前提です。

 

 

この座るという動作はお尻とイスなどが密着する状態が続くため、お尻の部分の神経や血管が圧迫されている状態も続きます。

 

 

お尻の部分の神経や血管が圧迫されると、お尻から下の部分への血流も悪化するうえに、血管や神経そのものが圧迫によって損傷してしまいます。

 

 

ペニスの勃起には血管も大事ですが、神経も脳からの性的快感をペニスに伝えるうえで重要な通路となっています。

 

 

つまり、お尻の部分の血管や神経回路が損傷することで、勃起に必要な血液も性的快感も伝わりにくくなり、結果として勃起しにくい体になってしまうのです。

 

 

デスクワークとペニスの健全さを両立させるには:

 

 

ここまで見てきたように長時間のデスクワークは、実はペニスに悪影響を与えやすいものです。

 

 

とはいえ、これ以上のペニスの状況の悪化を防ぐためにデスクワークをやめるというのは現実的ではありません。

 

 

そして、日頃のデスクワーク重視のスタイルも簡単に変えられるものではありません。

 

 

そこで、やはり大切になってくるのはデスクワークの中でもこまめに休憩時間を設けて、特に下半身や肩、首など同じ姿勢をとることでこりやすい部位を動かすことが大切です。

 

 

それによって、全体的な血の巡りもよくなり、ペニスの周囲の血流も改善されるようになります。

 

 

そして、ペニスの勃起力の向上には精力剤やサプリメントを活用するといいでしょう。

 

 

単に運動に頼っているだけでは、時間が取れない場合効果を発揮できませんので、ペットボトルの水とともに置いておき定期的に摂取するようにすれば、勃起力の回復も図ることができます。

 

 

まとめ:

 

 

デスクワークがペニスに悪影響を及ぼす理由を3つ書きましたが、いかがでしたか?

 

 

おそらくここまで読んできた人の多くが自分に当てはまると感じていることでしょう。

 

 

やはり、長時間同じ姿勢の状態でパソコンなどに向かうぶん、血流が偏りやすくなります。

 

 

そのため、デスクワークによるペニスへの悪影響を抑えるには、こまめに体を動かしたり、サプリメントの力を借りたりするという方法が有効です。




トップページはこちら


 

何気ないデスクワーク、実はペニスによくない理由3選関連ページ

勃起力を上げるためにできること
今の勃起力に満足していない、もっと固くそそり勃たすには何をすればいいのか?太くて硬いものを目指して・・・・
勃起不全の彼と性行為できるか?
彼氏が勃起不全で・・・・よいう女性の悩みが最近増えてますが、EDでも性行為はできるのか、妊娠はできるのかを考察しました。
勃起不全にならないための生活習慣
SEXの最中に中折れしたらどうしたらいい?
セックスの途中で立たなくなる、中折れしてたちがわるい、そんな経験がるなら一度は読んでください。
20代で中折れするようなら早急に対処が必要です
ペニス増大と精力増大は意味が違いますが、20代など若いのに中折れするようなら精力を増大することで解消できます、その方法は・・・
ed薬を飲んでるのに中折れする場合の対策
ED薬を飲んでるのに中折したりする人がいます、これ僕も経験あるからよく分かるんですが、そんな人にこそ僕のハイブリットインポ改善法がよく合うんですよね・・・・・
中折れ改善にはED薬を使うよりも精力サプリの方がいい理由とは?
日本人男性の4分の1がインポやEDの悩みを抱えています、インポと行かないまでも中折れの悩みは殆どの中年男性にあるものではないでしょうか?改善策としてはED薬、精力サプリ、トレーニングなどがありますが・・・・・・・・
仰向けで勃起するとフルボッキが維持できなくなってきた!
日本人男性の4分の1がインポやEDの悩みを抱えています、インポの兆候は仰向け時に勃起力が維持できずしおれやすくなることでわかります。これは十分な血流が確保できないために起こることで・・・・・・
一酸化窒素が身体に与える効果とは?