勃起力の低下で疑うべき病気(2)

勃起力に影響を及ぼす病気

前回、勃起力の低下に悩む人が疑うべき病気について3つほど触れてきました。

 

 

動脈硬化、糖尿病、高コレステロールといったいずれも症状が重くなると命にかかわる恐ろしい病気です。

 

 

ただ一方で、多くの場合、生活習慣さえ見直せば予防もできますし、治ったり改善したりするというものが多いものです。

 

 

しかし、勃起力の低下で疑うべき病気はその3つにとどまりません。

 

 

今回も3つほど、勃起力の低下から疑うべき病気について見ていきたいと思います。

 

 

なお、見出しの数字は前回からの通し数字を振っておきます。

 

 

疑うべき病気その4:高血圧

 

 

勃起力の低下で疑うべき病気として、高血圧もその1つに数えられます。血圧とは血管を送り出す力のことですが、高血圧の場合はこの力が通常より高い(つまり慢性的に強い力で血液が押し出されている)状態を意味しています。

 

 

日常的に血液を送り出す力が強い状態が続くと血管はどうなるのでしょうか?その力の強さのあまり、血管がどんどん硬くなり、しなやかさをなくしてしまうのです。

 

 

そうなると、あとは動脈硬化のケースと同様で、十分な血液が流れにくくなってしまいます。

 

 

前回も見たように、ペニスが勃起するには、ペニスに大量の血液が一時的に集まって海綿体にしみこむことが重要です。

 

 

そのため、勃起力が低下したとなると、まず血管関係の疾患を疑う必要が出てきます。

 

 

そして、糖尿病や動脈硬化、高血圧などのうちどの病気が当てはまるかは専門の医師に診断してもらうべきといえるでしょう。

 

 

なお、勃起力の低下、つまり勃起障害(ED)に悩む人の66%が高血圧を併発しているという医学的なデータもあります。

 

 

疑うべき病気その5:肝機能障害

 

 

勃起力の低下で次に疑うべき病気に肝機能障害があります。文字通り、肝臓が果たす機能に何らかの障害がある状態のことです。

 

 

肝機能といえばアルコールに関する機能です。

 

 

というのも、人はお酒を飲むことでアルコールを体内に摂取するのですが、そのアルコールを分解する器官が肝臓だからです。

 

 

しかし、この肝臓も長期間で、かつ多量のアルコールを分解しているとやはり疲れ、その機能が低下してしまいます。

 

 

実は肝臓が担っている機能には、アルコールの分解のほか、栄養素の貯蔵や、栄養素をエネルギーとして使える状態にする代謝、体内に入り込んだ毒素の分解などさまざまです。

 

 

その中でも勃起力とかかわりがあるのが、男性ホルモンの代謝というものです。

 

 

男性ホルモンがつくられるのは脳の視床下部や睾丸、甲状腺といった内分泌腺と呼ばれる器官ですが、そこで作られた男性ホルモンは一度肝臓に集まり、ここで代謝・合成されてからあらためて分泌されるものです。

 

 

しかし、肝臓の機能が低下しているとこの男性ホルモンの代謝や合成がうまくできず、結果として精力も勃起力も低下してしまいます。

 

 

特にお酒が大好きな人や、それ以上にアルコール中毒気味の人はよく注意して、お酒を飲まない日を設けたり、飲むお酒の量を減らしたりするなど対策が必要です。

 

 

疑うべき病気その6:腎機能障害

 

 

勃起力の低下は肝臓の機能を低下させることもあれば、腎臓の機能を低下させることもあります。特に慢性腎不全を発症している人間で、勃起力の低下に悩んでいる人が40%いるというデータもあります。

 

 

腎臓も男性ホルモンを分泌する機能はあります。が、男性ホルモンを分泌する機能のほとんど(9割ほど)は睾丸が担っていますが、残り1割はこの腎臓で分泌されるものです。

 

 

1割といっても、この腎臓の機能に障害があればそのまま勃起力の低下につながることに変わりはありませんので、過小評価はできません。そして、厄介なことに腎臓の機能が低下すると、性欲を失わせるホルモンであるプロラクチンと呼ばれるホルモンが分泌されやすくなるのです。

 

 

そうなると、腎臓の機能の低下が勃起力の低下に与える影響が決して小さいものではないことがお分かりいただけるかと思います。

 

 

ちなみにこのプロラクチンは、セックスやマスターベーションの時などで射精した後に訪れる放心状態にも深くかかわっています。

 

 

というのも、射精の後にこのプロラクチンが多く分泌されることで、性欲あふれる状態から元の落ち着いた状態に戻るからです。

 

 

なにしろ、射精も結構エネルギーを使う行為(1度に血液200㏄分に相当)であるため、ずっと射精ばかり続けていると慢性的に無気力な状態になりかねないため、このホルモンは重要なのです。

 

 

まとめ

 

 

前回に引き続いて、勃起力が低下した時に疑うべき病気を追加で3つ取り上げてみました。これらの病気も前回紹介したものと同様に、重くなるほど命取りになる病気です。

 

 

勃起力が低下したからとそれだけで放置するのも良くないことですし、また悩みっぱなしというのも全くいいことはありません。

 

 

むしろ、勃起力の低下は自分の体の状態や生活習慣を見直す良い機会、そして自分の精力や勃起力の状態の改善をするチャンスとみなして、前向きに体の状態の改善に取り組むことが大切といえます。




トップページはこちら


 

勃起力の低下で疑うべき病気(2)関連ページ

高血圧と勃起不全の関係
勃起不全は成人病からも引き起こされますが、中でも典型的な成人病は高血圧やLDLコレステロール(悪玉)が引き金になってインポになるという事は多く肥満などのメタボリック症候群も・・・・・・・
糖尿病と勃起不全の関係とは?
日本人男性の4分の1がインポやEDの悩みを抱えていると言われますが、成人病もインポの大きな原因になります、今回は糖尿病とインポの関係性について考察してみました。
タバコやアルコールがインポを進行させてしまう!?
喫煙や飲酒は勃起不全の人にとっては大敵です、とくに中年になってからは影響が顕著に現れ、インポを促進させてしまうこともあるんです。喫煙や飲酒が勃起に及ぼす影響の仕組みを考察してみました。
中高年の勃起不足の悩みを解決できるのは精力剤です!
中高年の勃起不足の解決には精力剤を使うことをおすすめします。ED薬は対処法でしかなく根本的な勃起不全の解決にはならないばかりか、副作用や後遺症という懸念が大きいからです・・・・・
【朗報!】ED回復は対策次第で自然に治すことが可能!
ED克服の方法は幾つかありますが、自然に治療していくなら精力サプリは書かせません。EDの初期段階からED薬を使うのは望ましくありません、というのも薬によるいろいろな弊害があるため・・・・・・・
勃起力の低下で疑うべき病気(1)
実はコーヒーが勃起力にとってよくない理由3つ
やはり危険!?メタボがペニスによくない理由3選