勃起力の低下で疑うべき病気(1)

病気が原因で勃起力が弱くなることも?

30代や40代になって、セックスなどをしても途中で勃起がおさまってしまったり、または全く勃起できないという悩みを持ったりする人が少なくありません。

 

 

一般に勃起力の低下は、日頃のストレスや若いころに比べての体力の低下などが原因ですが、ケースによっては、その勃起力の低下の影に恐ろしい病気が潜んでいる可能性もあります。

 

 

今回は、勃起力の低下という状態になった時に、疑うべき病気について見ていきたいと思います。

 

 

疑うべき病気その1:動脈硬化

 

 

勃起力の低下がみられた時に、最初に疑うべき病気として動脈硬化が挙げられます。動脈硬化については多くの人が見聞きしたことがあるかと思います。

 

 

この病気は心臓から体の各器官に血液を送る動脈という血管が、様々な要因でしなやかさを失い硬くなってしまう病気です。

 

 

それでは、なぜ勃起力の低下が動脈硬化にかかわってくるのでしょうか?それにはまず、勃起のメカニズムについて知る必要があります。

 

 

勃起のメカニズムは、セックスやそのほかの性的興奮を感じる道具(例えば、セックスシーンを写したDVDや動画など)を通じて脳で感じた性的快感が、勃起神経と呼ばれる自律神経を経由してペニスに伝わるところによります。

 

 

そして、その結果、ペニスにある海綿体に血液が充填され、その影響でペニスが大きく膨らみ固くなる現象が勃起です。

 

 

ここでポイントとなってくるのは、勃起の際には比較的大量の血液が一度かつスムーズにペニスに集まってくるという点です。これだけの血液の力でペニスが膨らむには、血管がうまく機能していることが前提です。

 

 

さて、これが動脈硬化の状態だとどうなるのでしょうか?

 

 

血管がしなやかさを失い硬くなるために血液を送る能力が低下してしまうのです。

 

 

そのうえ、動脈が固くなると血管の内側に腫瘍ができるため、流れる血液の量も少なくなっていきます。

 

 

このため、セックスなどの際でもペニスに血液が十分に流れず、結果としてうまく勃起しないということになるのです。

 

 

そのため、勃起力が低下した場合はまず動脈硬化を疑うべきなのです。

 

 

なお、この動脈硬化は進行すると心筋梗塞や脳梗塞といった命をあっさりと奪いかねない病気になってしまうため、早めの処置が必要です。

 

 

疑うべき病気その2:糖尿病

 

 

勃起力の低下で次に疑うべき病気は、糖尿病です。糖尿病とは、体内でのインスリンが十分に分泌されないために血液中の血糖値が高くなり、そのために各器官に悪影響を与える病気のことです。

 

 

実は、糖尿病は勃起力の低下と非常に密接にかかわっています。

 

 

医学的データによれば、勃起力の低下している人間、つまり勃起障害(ED)に悩まされている人間の中で糖尿病患者の割合はなんと80%(5人に4人の割合)です。言い換えれば、動脈硬化以上に糖尿病を疑う必要があります。

 

 

それでは、勃起力の低下と糖尿病とがどのように関係しているかといえば、それは糖尿病が末梢神経に悪影響を与えていることが一番に考えられます。

 

 

先ほども書いたように、勃起は脳で感じた性的快感が勃起神経を通じてペニスに伝達されることで生じる現象です。しかし、勃起神経の手前には末梢神経があり、ここが糖尿病で障害を受けていると勃起したくてもできないという状態に陥ります。

 

 

ちなみに、糖尿病の前段階を高血糖といい、糖尿病ほどではないにしても血液中の血糖値が普通以上に高い状態を意味しています。この高血糖の状態でも末梢神経への障害は進行しているため、最近勃起がしにくいと感じたら早めの対策が必要といえます。

 

 

疑うべき病気その3:高コレステロール(高脂血症)

 

 

高コレステロール(高脂血症)も、勃起力の低下で疑うべき病気の1つです。これも医学的なデータですが、勃起力の低下に悩む人の64%が高コレステロールの患者であることが示されています。

 

 

この病気は最初に触れた動脈硬化ともかかわりがあります。というのも、コレステロールそのものが脂肪分であるためです。つまり、高コレステロールというのは血液中の脂肪分が多い状態を意味しています。

 

 

そして、血液中の脂肪分が多いと血管の内側に脂肪がどんどんつき、それが腫瘍となることで動脈硬化を引き起こすことになるのです。

 

 

高コレステロールの状態が大動脈など比較的太めの血管で起きている事ならまだたいしたことのない状態ですが、毛細血管のようなあまり太くない血管で脂肪が余分について動脈硬化が発生すれば、非常に深刻な状況になります。

 

 

特に太り気味(いわゆるメタボ)の人は、コレステロール値が上昇しやすい体になっている状態ですので、注意が必要といえます。

 

 

なお、動脈硬化の項でも触れたように、血液の流れが悪くなれば、そのぶん勃起もしにくい体になってしまいます。

 

 

まとめ

 

 

勃起力の低下からいろいろな病気が見えてきましたが、いかがでしたか?

 

 

勃起力の低下の影には、血管の内部で起こっている異常が深くかかわっています。そして、血管の異常には恐ろしい病気も隠れているわけです。

 

しかし、ここで挙げた3つの病気はいずれも生活習慣を見直すことで改善することができます。勃起力の改善と並行して、生活習慣も見直してみると良いでしょう。




トップページはこちら


 

勃起力の低下で疑うべき病気(1)関連ページ

高血圧と勃起不全の関係
勃起不全は成人病からも引き起こされますが、中でも典型的な成人病は高血圧やLDLコレステロール(悪玉)が引き金になってインポになるという事は多く肥満などのメタボリック症候群も・・・・・・・
糖尿病と勃起不全の関係とは?
日本人男性の4分の1がインポやEDの悩みを抱えていると言われますが、成人病もインポの大きな原因になります、今回は糖尿病とインポの関係性について考察してみました。
タバコやアルコールがインポを進行させてしまう!?
喫煙や飲酒は勃起不全の人にとっては大敵です、とくに中年になってからは影響が顕著に現れ、インポを促進させてしまうこともあるんです。喫煙や飲酒が勃起に及ぼす影響の仕組みを考察してみました。
中高年の勃起不足の悩みを解決できるのは精力剤です!
中高年の勃起不足の解決には精力剤を使うことをおすすめします。ED薬は対処法でしかなく根本的な勃起不全の解決にはならないばかりか、副作用や後遺症という懸念が大きいからです・・・・・
【朗報!】ED回復は対策次第で自然に治すことが可能!
ED克服の方法は幾つかありますが、自然に治療していくなら精力サプリは書かせません。EDの初期段階からED薬を使うのは望ましくありません、というのも薬によるいろいろな弊害があるため・・・・・・・
勃起力の低下で疑うべき病気(2)
実はコーヒーが勃起力にとってよくない理由3つ
やはり危険!?メタボがペニスによくない理由3選