精力増強成分オルニチンとは?

オルニチンの働きは?

オルニチンは肝臓に良い成分である、というのをご存知の方は多いかもしれませんが、なぜ精力剤に含まれているのかをご説明しましょう。

 

 

オルニチンはアミノ酸の一種です。

 

 

アミノ酸と言えばたんぱく質を構成するもので、人間の体を作るアミノ酸は20種類あります。

 

 

しかし中にはたんぱく質にならず、そのままの形で体内に存在するものがあり、オルニチンはそうした「遊離アミノ酸」の一つです。

 

 

オルニチンの主な働きは、肝臓に働きかけてアンモニアを解毒する、肝臓のミトコンドリアに働きかけて肝機能をアップする、肝臓のたんぱく質合成を助ける、そして成長ホルモンを増加させる、といったことです。

 

 

オルニチンはアンモニアを解毒する

 

 

肝臓は体の中の化学工場とも言われる重要な働きをする臓器で、吸収された栄養素の分解、合成、貯蔵、解毒などを引き受けています。

 

 

オルニチンが摂取されると小腸から吸収されて、肝臓へ向かいます。

 

 

ここでオルニチンは、肝臓がアンモニアを分解して解毒する過程を助けます。

 

 

アンモニアというと尿の成分なので腎臓に関係していそうですが、実は肝臓で多くが分解されるのです。

 

 

アンモニアは疲労物質の一つで、体内に蓄積されて血中濃度が上がると、神経細胞に悪影響を与えて脳や筋肉の機能を弱め、疲労、神経障害、脳浮腫などを引き起こします。

 

 

オルニチンは体に有毒なアンモニアを無毒な尿素に変換して、肝臓の働きを助けます。

 

 

こうした働きをした後、オルニチンは肝臓内で再生されて蘇り、さらにまた肝臓を助けます。

 

 

こうした過程を「オルニチンサイクル」と言います。

 

 

オルニチンは肝臓と体全体を元気にする

 

 

このようにオルニチンの大きな役目はアンモニアの分解・解毒ですが、オルニチンサイクルで再生されることにより、肝臓のミトコンドリアを活性化して、肝臓全体の機能をアップします。

 

 

肝機能がアップされることにより、体のデトックス作用が向上して毒素が排出され、栄養素の分解・吸収機能が高まって体全体の細胞が活性化されます。

 

 

特に肝臓のたんぱく質の合成機能が向上して、体力アップにつながります。

 

 

オルニチンの疲労回復効果はこのようにして得られるのです。

 

 

オルニチンを多く含む食べ物は、シジミです。

 

 

肝臓の機能回復にシジミの味噌汁を飲むと良い、と言われるのはこのためです。

 

 

特にお酒を飲んだ後は、肝臓は多くのアルコールの分解で疲れた状態なので、オルニチンは大きな助けになります。

 

 

オルニチンは成長ホルモンを増加させる

 

 

オルニチンはこのように肝臓に大きな働きをする物質ですが、その他に成長ホルモンとの関係が注目されています。

 

 

オルニチンを多く摂ると、睡眠中に分泌される成長ホルモンの量が増えることがわかっています。

 

 

成長ホルモンは精力と密接に関係していて、体力増強、筋力アップ、アンチエイジング、そして精力アップ、勃起力アップに役立ちます。

 

 

成長ホルモンの分泌はは20代の頃がピークで、それから次第に減って、60代になると20代の半分以下に減少して、同時に精力も同じ曲線で減退していきます。

 

 

まだ研究中ですが、オルニチンには精力をアップさせる未知の可能性が含まれています。

 

 

オルニチンは精力アップの土台をつくる

 

 

オルニチンは、たとえばバイアグラのように摂取すればすぐに勃起力が高まるというものではありません。

 

 

精力をアップさせるための土台である体力を作る成分です。

 

 

いくら勃起力を高める精力剤を飲んでも、体が疲労していて体力が無ければ効果が発揮されません。

 

 

お酒を飲む機会が多い人は肝臓が弱っていて、それが精力減退の原因になっているかもしれないので、オルニチン摂取はとても重要です。

 

 

オルニチンはシジミに多く含まれていますが、精力をアップさせるのに必要な量を一度に摂ろうとすると、100個くらいが必要になります。

 

 

そこで精力剤やサプリメントで補うことが必要になります。

 

 

オルニチンは特に副作用は無いので、極端に過剰な摂り方をしない限り心配はありません。

 

 

オルニチンの効果がお分かりいただけたでしょうか?

 

 

お酒を飲む人には特に大切な成分です。

 

 

「精力アップは肝機能アップから」...ということですね。




トップページはこちら