【インポ改善】インポや中折れを治すハイブリット改善法とは!



トップページはこちら


 

勃起不全(ED)と病気記事一覧

ED(インポテンツ)には年齢的な男性ホルモンの低下からくるものと、心因性のものがありますが、成人病、おもに糖尿病や高血圧からくるインポもかなり多いことで知られています。特に高血圧症は、患者数で言えば厚生労働省が2008年に発表した調査によると、男性で334万人、女性464万人と合計で約780万人にも昇ります。高血圧とインポの関係性で見ると、高血圧症の人がEDを発症する確率は27%から68%と開きは...

日本人の生活習慣病といえば、がん、脳卒中、心臓病でこの3つは死因の6割を占めます。しかし、その手前で糖尿病になることは往々にしてあります。糖尿病の怖いところは自覚症状が出にくい点で、気づいた頃にはかなり進行してしまっていることも・・・・・糖尿病とEDの関係で言えば、実に8割の糖尿病患者がEDの合併症を引き起こしていると言われています。糖尿病の人こそ使ってほしい精力剤活力サプリ(精力剤サプリの効果 ...

喫煙が社会悪扱いされるようになって久しいですが、まだまだ愛煙家は多くいます。百害あって一利なしのタバコですが、タバコが勃起力にどう関係しているのかを知ると、案外禁煙できるかも知れませんよ?血管を収縮させるニコチンパワータバコの主成分であるニコチンは、それ自体が中毒物質であり、なかなか禁煙できないのも体がニコチンを欲しがるからです。確かに、喫煙者がタバコを吸うとイライラが収まったり、集中力が増したり...

男ならだれでもほしい勃起しやすい体!でも手に入れるのは簡単ではありません。大切なのは体力だと思われがちですが、実はそれだけではないんです!健全な勃起ができる体になるためには、体力だけでなく、男性ホルモンや若々しい血管を手に入れなければなりません。男性ホルモンをたくさん出して勃起する方法男性ホルモンは精神的なストレスよりも肉体疲労が上回る状態を作らなければなりません。肉体疲労と一言で言っても難しいの...

EDというと、どこからどこまで?と、疑問に思う人はかなり多いようですね。当サイトにも「中折れ ED]とか「インポ どこから」といった検索で訪れる人がかなり多いのでわかったことなんですが。EDというのは、英語で「Erectile Dysfunction」といい、直訳すれば「勃起障害」ということになります。満足の行くSEXができないなら、完全にEDと思っていいでしょう。これは自分が「たちが悪い」「フニ...

30代や40代になって、セックスなどをしても途中で勃起がおさまってしまったり、または全く勃起できないという悩みを持ったりする人が少なくありません。一般に勃起力の低下は、日頃のストレスや若いころに比べての体力の低下などが原因ですが、ケースによっては、その勃起力の低下の影に恐ろしい病気が潜んでいる可能性もあります。今回は、勃起力の低下という状態になった時に、疑うべき病気について見ていきたいと思います。...

前回、勃起力の低下に悩む人が疑うべき病気について3つほど触れてきました。動脈硬化、糖尿病、高コレステロールといったいずれも症状が重くなると命にかかわる恐ろしい病気です。ただ一方で、多くの場合、生活習慣さえ見直せば予防もできますし、治ったり改善したりするというものが多いものです。しかし、勃起力の低下で疑うべき病気はその3つにとどまりません。今回も3つほど、勃起力の低下から疑うべき病気について見ていき...

日常生活や仕事中にみなさんがよくたしなむであろうコーヒー。普通の人ならば1日にカップ2杯とか3杯飲むでしょう。中には、5杯とか6杯飲むというツワモノの方もいるかもしれません。しかし、実はコーヒーという飲み物は勃起力という点ではあまりおススメできる飲み物ではありません。それどころか、おススメできない理由が3つあるのです。理由その1―睡眠障害を起こしやすい:みなさんご存知のようにコーヒーは眠気を覚まし...

現代の男性は非常に忙しいためか、生活習慣が乱れがちです。中には30代や40代になってから内臓脂肪がついて肥満になってしまういわゆるメタボリックシンドローム(メタボ)になる人も少なくありません。メタボになると様々な悪影響が出てきます。高血圧や糖尿病という下手をすると命の危機になりかねないような病気にかかるリスクも高くなります。さらに、下腹部の脂肪の重みなどで下半身の筋肉や骨にも異常が生じやすくなって...