糖尿病と勃起不全の関係とは?

脳が興奮しても陰茎が反応しない勃起障害

日本人の生活習慣病といえば、がん、脳卒中、心臓病でこの3つは死因の6割を占めます。

 

 

しかし、その手前で糖尿病になることは往々にしてあります。

 

 

糖尿病の怖いところは自覚症状が出にくい点で、気づいた頃にはかなり進行してしまっていることも・・・・・

 

 

糖尿病とEDの関係で言えば、実に8割の糖尿病患者がEDの合併症を引き起こしていると言われています。

 

 

糖尿病の人こそ使ってほしい精力剤活力サプリ

 


(精力剤サプリの効果 ビフォー・アフター3ヶ月の成果でカリが大きくなってるのがわかりますか?)

 

「クラチャイダムゴールド」

 

★タイ政府公認の滋養強壮剤クラチャイダムを100%使用した成分特化型精力サプリメント【クラチャイダムゴールド】

 

その成分含有量は、なんとあのマカを数倍も凌駕する増強力があります。
体力に限界を感じ始めている男性、本気で体質の改善を考えている男性には、副作用なしの「天然バイアグラ」と称されるクラチャイダムがおすすめ!

 

★原産国のタイでは、老若男女にクラチャイダムの根茎汁を千年以上も前から愛飲されており、アルギニンたっぷりの天然ハーブとして男性ホルモンの分泌促進に効果を発揮します。

 

★安心の14日間全額返金保証、16%OFFの8、400円で特典付きキャンペーン価格です。

 

人気、実力、試しやすさ、どれをとってもNO1の勃起不全回復サプリです。

 

 

 

 

 

 

糖尿病の合併症は末梢神経が壊れる?

 

 

糖尿病で末梢神経に影響が出始めると、手足のしびれ・足がつる・などの症状がではじめますが、これは当然勃起にも影響を及ぼします。

 

 

年齢や精神的な勃起不全を除いては、病気からくる勃起不全で一番おおいのが糖尿病からのEDなんです。

 

 

糖尿病によってEDになる確率は30代でも30%ほどあり、年齢が高くなるほどに確率も上がっていきます。

 

 

糖尿病からEDを自覚することもありますが、EDから糖尿病からEDが判明することも少なくありません。

 

 

糖尿病性EDになる原因は?

 

 

糖尿病は血糖値のコントロールがうまくいかないことが継続すると、神経や血管に損傷を与えます、その結果勃起不全を起こしEDとなります。

 

 

糖尿病製のEDかどうかは、病院でヘモグロビン A1c(HbA1c)の数値を検査したり、動脈硬化の進行具合の検査からわかります。

 

 

もし、糖尿病性EDの疑いを感じたら、一度病院でしっかり検査してもらうほうが良いでしょう。

 

 

糖尿病があってもEDを克服することはできる?

 

 

糖尿病は大きな病気であることは間違いないですが、栄養バランスを意識した食事をすれば、それほど深刻な事態にはなりません。

 

 

糖尿病自体の根治はできませんが、うまく付き合っていくことで進行を止めることは可能です。

 

 

糖尿病製のEDにしても、対処次第では再び勃起力を取り戻すことも可能

 

 

その際にできる対応策としては2つあります、ED薬による改善と、精力剤による改善です。

 

 

どちらの方法を取るかは、糖尿病やEDの進行具合にもよりますが、健康的に勃起力を向上させるなら精力剤のほうが好ましいですね。

 

 

なぜなら、ED薬には副作用婦があるし、糖尿病ですでに何らかの薬を処方されているなら、あまり薬ばかり使用するのはお勧めできないからです。

 

 

糖尿病だから、ED薬が使えないということはありませんし、病院で糖尿病である旨を伝えてもED薬は処方してくれます。

 

 

しかし、糖尿病の人は合併症として心臓に不安を抱えてる人も居ます、そういう人はED薬は使えません、そのへんは医師との相談も必要になってくるでしょうね。

 

 

健康という観点からは個人的には薬で勃起させるよりは、精力剤のような天然生薬やミネラル、ビタミンといった安全性の高いもののほうが間違いなく体には良いし、自然に勃起できる方が全てにおいて優先されます。

 

 

ED薬は精力剤が効かなかった時の手段として認識しておくことのほうが良いです。

 

 

精力剤(サプリ)の安全面やその働きとは?

 

 

まず、精力剤(サプリ)の安全性ですが、基本的にサプリメントは健康補助食品という食品に該当するものなので、食物アレルギーなどがなければ副作用などもなく至って安全です。

 

 

医薬品のように厚生労働省の認可も必要なく、体に対する安全面では心配の必要はありません。

 

 

その分、薬のような即効性は期待できないのですが、長期に飲み続けることで体の体質を健康的に変化させていく働きがあります。

 

 

具体的には、アルギニンなどの必須アミノ酸など精力のつく成分を濃縮して摂取することが可能です。

 

 

糖尿病だと、あまり血糖値が上がりやすい食事は良くないとされますがサプリで必要な成分だけを摂取することで健康を害さずに精力を増強できるのが精力剤の強みでもあります。

 

 

精力剤には自律神経系統の働きの改善や血流の促進を促し、男性ホルモン(テストステロン)の分泌を促すことで勃起力をアップさせる働きがあります。

 

 

精力剤を飲み続けると、個人差はありますが激しい朝立ちをするようになってくることが見込まれます。

 

 

そして、活力や性欲も湧き上がってくるようになります。

 

 

朝立ちが繰り返されるようになると精力剤が体に効いてきていることの現れで、勃起力や持続力もそれに呼応するように強くなってきます。

 

 

糖尿病を抱えていても、生活は普段道理できるわけで、当然性欲もあるわけです。

 

 

勃起力がなくなってきたと落ち込まずに、精力剤で地道に勃起力を養っていけばSEXに対してもまだまだ元気でいつづけられますよ。

 

 

【関連記事】

 

 

アルギニン含有量がマカの2倍!クラチャイダムゴールドの全容

 

 

クラチャイダムはどんな成分?ほんとに精力が増すの?




トップページはこちら


 

糖尿病と勃起不全の関係とは?関連ページ

高血圧と勃起不全の関係
勃起不全は成人病からも引き起こされますが、中でも典型的な成人病は高血圧やLDLコレステロール(悪玉)が引き金になってインポになるという事は多く肥満などのメタボリック症候群も・・・・・・・
タバコやアルコールがインポを進行させてしまう!?
喫煙や飲酒は勃起不全の人にとっては大敵です、とくに中年になってからは影響が顕著に現れ、インポを促進させてしまうこともあるんです。喫煙や飲酒が勃起に及ぼす影響の仕組みを考察してみました。
中高年の勃起不足の悩みを解決できるのは精力剤です!
中高年の勃起不足の解決には精力剤を使うことをおすすめします。ED薬は対処法でしかなく根本的な勃起不全の解決にはならないばかりか、副作用や後遺症という懸念が大きいからです・・・・・
【朗報!】ED回復は対策次第で自然に治すことが可能!
ED克服の方法は幾つかありますが、自然に治療していくなら精力サプリは書かせません。EDの初期段階からED薬を使うのは望ましくありません、というのも薬によるいろいろな弊害があるため・・・・・・・
勃起力の低下で疑うべき病気(1)
勃起力の低下で疑うべき病気(2)
実はコーヒーが勃起力にとってよくない理由3つ
やはり危険!?メタボがペニスによくない理由3選